蜂の巣駆除は市役所に頼める?無料で作業してくれる自治体や業者に掛かる費用を解説

この記事では「家の敷地内に蜂の巣ができた場合、市役所に頼めば無料で駆除してくれるのか?」という疑問を解消していきます。

結論から伝えますが、蜂の巣駆除を無料でおこなっている自治体はそれほど多くありません。
とはいえ、住んでいる地域によっては無料で対応してくれるところもありますので、まずは市区町村のホームページをチェックすることが重要です。

また、多くの市役所では信頼できる蜂の巣駆除業者の紹介をおこなっています。

そのほか蜂の巣駆除用の「防護服」などを貸し出している自治体もあるため、どちらにしても一度市役所に問い合わせをしてみましょう。

ここでは、そんな蜂の巣駆除に関する市役所の対応をまとめました。

合わせて「自分で蜂の巣駆除をおこなう方法」や「補助金を利用して蜂の巣駆除業者に頼む方法」などを解説していますので、ぜひ最後までご覧になっていってください。

市役所では無料で蜂の巣駆除をしてくれる?

市役所に蜂の巣駆除を問い合わせた場合の対応パターンは基本的に以下の3つとなります。

市役所の対応パターン
  • スズメバチなど危険性が高い蜂の巣であれば無料で駆除してくれる
  • 蜂の巣駆除用の道具を貸してくれる
  • 信頼できる蜂の巣駆除業者を教えてくれる

それぞれの内容を詳しく説明していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

市役所の対応①無料で蜂の巣駆除をおこなっている自治体もある|松戸市・さいたま市など

市役所の中には無料で蜂の巣駆除をおこなっているところもあります。

一例として挙げられるのは「千葉県・松戸市」「埼玉県・さいたま市」です。

私有地や住宅は所有者や居住者が管理する財産であり、ハチの巣も所有者や居住者が自己責任で駆除するのが原則ですが、活動期のスズメバチやアシナガバチの巣、ミツバチの保護等については、すぐやる課の危険回避業務の一環として駆除や相談を行っております。

引用:ハチの巣駆除・相談について|松戸市HP

こちらは松戸市の対応となりますが、スズメバチだけでなくアシナガバチ・ミツバチに関しても無料で巣の駆除をおこなっているとのことです。

ただし、一文として「活動期(の蜂)」と書かれていますので、まだ巣が小さい場合には対応が変わるかもしれません。

このあたりは直接市役所に問い合わせてみてください。

さいたま市では、住宅及びその敷地にできたスズメバチの巣について、委託業者による駆除を行っています。(対象外となる場合あり。)

引用:スズメバチの巣について|さいたま市HP

こちらはさいたま市の対応となります。

無料で駆除してくれるのはスズメバチの巣となっていて、そのほかにも対象となる条件が設けられています。

「さいたま市内の自己所有または賃貸の戸建て住宅及びその敷地内にできた巣」「巣が作られた住居に住民登録があり、居住実態がある方」などが条件の一部です。

ほかにも対象・対象外となる条件がありますので、同市在住の方はホームページを確認してみてください。

なお、こうした蜂の巣の無料駆除をおこなっている自治体は多くありません。
大半の市役所は以降2つの対応がメインとなっています。

市役所の対応②蜂の巣駆除に必要な道具の貸し出し|八王子市など

蜂の巣の報告が多い地域では、市役所で「蜂の巣駆用の道具」を貸し出していることがあります。

市では、私有地内の巣の駆除は行っておりません。
ご自身で駆除される方には、駆除用具を無料で貸出しています。

引用:ハチの巣の駆除について|八王子市

こちらは東京都八王子市の対応となりますが、貸し出してくれるのは「防護服」「殺虫剤」「噴霧用伸縮竿」など、駆除に必要な道具一式となっています。

蜂の巣駆除用の防護服を貸してくれるというのは非常にありがたい部分です。
また、殺虫剤も提供してくれるため、自分で何かを用意する必要はなさそうです。

こうした駆除グッズの貸し出しがあるかどうか問い合わせることも大事なので、蜂の巣に困っている場合は市役所に連絡してみましょう。

なお、すべての市役所が上記のセットを貸し出しているわけではありません。
貸し出しの内容は自治体ごとに異なることを理解しておいてください。

市役所の対応③信頼できる蜂の巣駆除業者を紹介|多数の自治体で実施

ほぼすべての自治体でおこなっているのが「信頼できる蜂の巣駆除業者の紹介」です。

市役所に蜂の巣の相談にいくと、安心して利用できる蜂の巣駆除業者を教えてくれます。

「駆除業者を紹介してくれるだけ?」「費用は負担してくれないの?」と不満に感じる方もいるかと思いますが、自らネット上で蜂の巣駆除業者を探すと悪質なところに当たってしまう危険性があります。

5センチ大の蜂の巣を見つけたので、ネットで調べた業者に電話をした。その際、料金を確認すると「蜂の巣1個で4千円。他の処置をしても2万円まで」と言われたので依頼した。作業終了後、巣を1個だけ持参し「これ以外にも2個巣があった」と合計11万円の明細を見せられた。他の2個分の巣は見せられていない。車に乗せられ銀行に行って支払ったが、高額ではないか。(60歳代 女性)

引用:蜂の巣の駆除で思わぬ高額請求|国民生活センター

こちらは国民生活センターに報告された悪質な蜂の巣駆除業者の一例です。

「事前説明とはまったく異なる高額請求を受けた」という内容ですが、こうした被害に遭わないためにも市役所では優良な業者を紹介しています。

なお、多くの市区町村ホームページでは同様の事例を注意喚起文として使っていて「慌てて事業者を呼ばずに、まずはお住まいの自治体に確認してみましょう」と呼び掛けています。

参考:蜂の巣の駆除で思わぬ高額請求(国民生活センター)|中央区HP

蜂の巣駆除を市役所に断られた場合はどうする?

ここからは市役所で蜂の巣駆除をおこなっていない場合、駆除を断られた場合の対処法をご紹介していきます。

市役所で蜂の巣駆除をおこなっていない場合の対処法
  • 蜂の巣駆除に関する補助金制度がないか確認する
  • 蜂の巣駆除業者に依頼する
  • 自分で蜂の巣駆除をおこなう

それぞれの内容を詳しく見ていきましょう。

市役所で補助金制度の有無を確認する

自治体の中には「蜂の巣駆除補助金」を設けているところがあります。

そのため、市役所で蜂の巣駆除をおこなっていない場合は補助金の有無を確認してみてください。

補助金の額はだいたい5,000円~10,000円程度、または掛かった費用の三分の一~二分の一程度となっています。

金額は自治体ごとに異なりますので、補助金の内容を把握しておきましょう。

また、補助を受けるためには「市役所が指定する蜂の巣駆除業者の利用」が必須であるパターンもありますので、そちらも事前確認が必要です。

蜂の巣駆除業者に依頼する

市役所が蜂の巣駆除に対応していない場合は、専門の蜂の巣駆除業者に依頼しなければなりません。

最近はネットで探せばすぐに蜂の巣駆除業者が見つかります。
ただし、前述のような悪質業者に引っかからないためにも、以下のポイントに注意しましょう。

悪質業者に騙されないためのポイント
  • 会社としての実績・実態を調べる
  • 現地確認してから見積もりを出してくれるかどうか
  • 追加料金が発生しないかどうか

蜂の巣駆除業者を選ぶときには過去の実績や評判を調べることが大切です。

なお、ネットで調べてもペライチのHPしか見つからない、サイト内に会社の企業情報が掲載されていないなどの場合は別業者を探した方が良いかもしれません。

また、依頼する場合は電話だけでなく、現地で蜂の巣を見てもらってから見積もりを出してもらいましょう。

電話では「作業費5,000円+出張費1,000円くらいですね」と伝えられたのに、自宅に来てから「思ったよりも蜂の巣が大きいので作業費10,000円になります」と金額を上げてくるケースは多々あります。

あとは作業後に何かしらの理由を付けて追加料金を請求してくるパターンも考えられますので、見積もりの段階で「追加料金が発生しないかどうか」「発生しても支払う意思はないこと」を話し合っておきましょう。

自分で蜂の巣駆除をおこなう

「市役所で蜂の巣駆除をおこなっていない」「補助金制度もない」「費用を掛けたくない」といった場合は自分で蜂の巣駆除をおこなうことになります。

ただし、基本的に個人で対応できるのはアシナガバチ・ミツバチの巣のみです。
スズメバチの巣に関してはお金を払ってでも専門業者に任せましょう。

スズメバチの駆除を行っていた作業員が、ハチに刺されて死亡する事案が、千葉県館山市で起きました。
亡くなったのは、館山市からオオスズメバチの巣の駆除作業の依頼を受けた専門業者の男性作業員(50代)。

引用:スズメバチ駆除作業で刺され死亡 防護服を着ていたのになぜ? 千葉 館山|NHK

ご覧のように、スズメバチの駆除は防護服を着ている専門業者でも命を落とす可能性がある危険な作業です。

特に巣の大きさがピークを迎える7月~9月ごろのスズメバチは攻撃性も強くなっているため、素人は手を出さないようにしましょう。

なお、蜂の種類がアシナガバチ・ミツバチで、まだ巣のサイズが小さい場合は市販の殺虫スプレーで駆除ができます。(もちろんアシナガバチ・ミツバチでも刺されてケガを負うリスクはある)

自分で蜂の巣を駆除する方法・手順
  1. 素肌が一切見えない服装に着替える(フルフェイスのヘルメット、またはゴーグルやマスクを着用)
  2. 風が強くない日、蜂の動きが鈍化する夕方以降の時間帯を狙う
  3. 風上から殺虫スプレーを巣に噴霧し続ける
  4. すべての蜂が出払ったことを確認してから巣を叩き落す
  5. 二重や三重にしたゴミ袋に蜂の巣・蜂の死骸を詰めて作業完了

死んでいる蜂でも毒針に触ればケガをしますので、死骸を回収するときには箒やトングを使ってください。

また、蜂の巣駆除に使える殺虫スプレーは非常に強力です。
近隣住民にはあらかじめ作業することを伝え、風に乗って殺虫剤が入ってこないよう窓の閉め切りをお願いしておきましょう。

市役所に蜂の巣駆除を頼めない方のQ&A

ここでは市役所に蜂の巣駆除を頼めない方のQ&Aをまとめました。

蜂の巣駆除に掛かる費用や市役所への相談の仕方などを解説していますので、ぜひご覧ください。

スズメバチの巣は自分でも駆除できるのか?

やろうと思えば素人でもスズメバチの巣の駆除は可能です。
ただし、非常に危険を伴う作業であることは理解しておきましょう。

スズメバチは毒性・攻撃性が強い蜂です。
また、過去にスズメバチ・アシナガバチに刺された経験がある方だと「アナフィラキシー症状」を引き起こすリスクがあります。

なお、これまでに刺された経験がない方でも、駆除作業中に複数回刺されると同様のショック症状を起こすことがあります。

こうした危険性を考慮すると、専門業者に任せた方が賢明と言えるでしょう。

蜂の巣駆除業者に掛かる費用はいくら?

蜂の巣駆除業者に掛かる費用は10,000円~50,000円くらいです。

金額は「蜂の種類」「巣の大きさ」などによって変わってきます。

スズメバチは料金が高く、アシナガバチ・ミツバチは比較的料金が安いというのが一般的です。

また、蜂の巣は4月~5月ごろから作り始め、8月~9月ごろに最盛期を迎えます。

時間が経過するほど費用が高くなる傾向にあるので、見つけ次第すみやかに依頼を出した方が安く済みます。

蜂の巣の相談は市役所の何課?刺された場合は何科?

蜂の巣の相談を受ける窓口は市役所ごとに異なります。
また、課の名称についてもバラバラなので、まずは総合窓口に連絡をしましょう。

一般的には「環境保全課」「生活環境課」などの名称が多いようです。

なお、蜂に刺されたときに掛かる病院は「皮膚科」ですが、近くに皮膚科の病院がない場合や夜間の場合は救急外来で応急処置をしてもらってください。

おすすめの記事